2005年06月30日

銀座の車は黒と青

夜の銀座は一方通行の両端に黒いハイヤーがビッシリ止まる。

morning.jpg

数時間後、逆光の中で、青い車が沢山走る。ゴミ回収車。
普通の人が起きる時間に、銀座の道はキレイになる。
posted by ece at 00:32| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 銀座の交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

迫り来る夜

背後に輝く漢字一文字。
「源」の赤い文字を見ると、銀座のビジネスマンは、働く意欲が減退するという。

marugen.jpg
posted by ece at 00:20| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 銀座の眺め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

並木通りディスプレイ0628

定期的に並木通りのディスプレイをレポートしていきます。

coach050628.jpg
COACH

bally050628_1.jpg bally050628_2.jpg
Bally


celine050628_1.jpg celine050628_2.jpg
CELINE

cartier050628.jpg
Cartier

gucci050628.jpg
GUCCI

loewe050628_1.jpg loewe050628_2.jpg
LOEWE

lv050628_1.jpg lv050628_2.jpg
LOUIS VUITTON
posted by ece at 23:59| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(3) | 並木通りディスプレイ・レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀座23時35分

オフィスの明かりが消えクラブのお姉様がお見送りをする街角。働くのは女だけじゃない。


ディスプレイを変更する男達。
2335.jpg

壁面広告を張り替える男達。
2335_2.jpg
posted by ece at 00:46| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(1) | 銀座の人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

銀座/朝7時&夜10時

並木通り。昼と夜は別の顔。ルイヴィトンの角を境に、そこから新橋側は、この後も働く人は足を踏み入れてはならない夜の歓楽街へと変化する。踏み入れれば働く意欲は減退する。道の両端には送り迎えの黒塗りの車。ビルの出入り口には着飾った女性達が、お見送りとお出迎え。微妙な大人の駆け引きが、光と金を呼び込んでいる。

dayandnight.jpg
posted by ece at 01:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 銀座の眺め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

ポジティブ超人達の宴

「ライブドア広報 乙部綾子 私のポジティブ仕事術40のヒント」という本が出版されるらしい。景気も、全体に好転の兆しがあり、企業や個人の格差が生き方によっては大きくついてくる社会への潮流もあり、世の中やるかやられるか、という感じ。「ポジティブ」という言葉が目立っている。

さて、銀座コアの裏にある「ゲルマニア」という、今年で50周年を迎えるビアホールがある。夜はすごい盛り上がりと噂を聞いて行ってみた。店の外に、すでに聞こえてくる歌声。この店は、1時間に一度のステージがある。

germ_1.jpg

中へ入ると、客がみんな肩を組んで左右に揺れている。小さな店だがビールで上機嫌。さっそく、ビールを頼み、「ビスマルク焼き」をザックリ切り刻む。美味いよ、「ビスマルク焼き」。

germ_2.jpg

この店がすごいのは、30分のステージが予定通り進行しないことだ。酷いときには45分になることもある。なぜなら、客がステージに上がって歌いだしたりするからだ。50歳代くらいのおっさんがドイツ語で歌う。それにアコーディオンが即興で伴奏をつける。それだけではとどまらない。10名近くで飲んでいた男性だけの団体が「歌わせていただきます。」という。どうやら合唱団の仲間らしく歌い上げる。この団体は3回も。この店には楽しみを歌うことで表現し、常に前向きに生きる「超人」たちが、無数に集まってくるのだ。勝手にマイクを奪って歌う「超人」たちの宴に驚きながらも手拍子をしていたらタンバリンを持たされてしまった。

店を出ると、同じフロアに、こんな看板があった。

germ_3.jpg
posted by ece at 19:52| Comment(3) | TrackBack(2) | 銀座の飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

人通りの少ない地下道

銀座駅から晴海通りの下を勝ちどき側に進む地下道。そこは、古い町並みのテイストでデコレーションされている。どこは行くわけでもない。その先の地下には地下の映画館とサウナ。更に先には、昭和通りの下の浅草線と東銀座の駅。

帝都物語は、これまで読んだ長編小説の中で、もっともエキサイティングな物語だ。そこには帝都の地下都市計画が出てくる。だが、それは、いつのまにか地下鉄銀座線建設で尻つぼみの終わっている。だが最後の最後に、謎の地下道を通って皇居にあるものが運び込まれる話が出てくる。

読んだ当時は何も感じなかったが、最近になって、ちょっと気になった。もしかして、作者の荒俣宏は、戦前の帝都の地下建設に関する物語の一端を小説に書きたかったのではないのか。だが、何かの理由で、それを断念したのではないのか。
東京の地下には不思議な通路や建築物が沢山ある。

最近、ある本を読み返した。[サッカーの物語」という本だ。そこには、北区にある国立西が丘サッカー場が、過去に試合中に陥没した事件が書かれている。しかも、陥没したグランドの下からは、旧日本軍の武器が発見されたのだという。

銀座の地下には今も、人知れず眠っている地下道があるという。

VFSH0186.jpg
posted by ece at 23:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 銀座の交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

銀座で一番のメシ

銀座には飲食店が星の数ほどある。だが、そんな中で一つだけお勧めを挙げよといわれれば、たいていの人は迷うのではないか。私は迷わない。推薦するのは天龍だ。銀座一丁目駅の上にあるこの店は餃子が有名だ。餃子にはいろいろなタイプがある。この店の餃子は、大きい、具沢山、皮が厚い、ニンニク臭が無い、脂っこくない、というのが特徴。特徴というには挙げた数が多いが、総合力でも他を寄せ付けないのだ。けっしてオシャレではない内外装だが、店内のテーブルの半分は女性のグループ客であるところに、この店の評価が表れている。銀座で食事に迷ったら、まずは天龍に行ってほしい。行列に恐れをなしてはならない。回転が良いから、思ったよりも早く座れる。

tenryu.jpg
posted by ece at 21:35| Comment(13) | TrackBack(7) | 銀座の飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笹の葉さらさら

通りが鮮やかになった印象を受けた。見れば七夕飾りが施されている。お星さまキラキラを願う、梅雨の毎日。いや、晴れる日が多いね。

77.jpg
posted by ece at 04:37| Comment(3) | TrackBack(1) | 銀座の眺め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

並木通りディスプレイ050621

定期的に並木通りのディスプレイをレポートしていきます。

coach050621.jpg
COACH

bally050621_2.jpg bally050621_1.jpg
Bally


celine050621_1.jpg celine050621_2.jpg
CELINE

cartier050621.jpg
Cartier

gucci050621.jpg
GUCCI

loewe050621_1.jpg loewe050621_2.jpg
LOEWE

lv050621_1.jpg lv050621_2.jpg
LOUIS VUITTON

2005年06月19日

エルメスの出口

地下鉄の駅から地上へ出るルートは沢山ある。銀座駅ならば、どの路線を利用するかで、地上へのルートは変わる。私は日比谷線を降りたとき、お気に入りのルートがある。地上までエスカレータで昇れる。しかも、人が少ない。このエスカレータは、じつに静かに存在してる。

エルメスチカ.jpg

エルメスエスカ.jpg

エルメスで愚痴.jpg

地上の出口はエルメスのビルの中。
posted by ece at 09:32| Comment(1) | TrackBack(2) | 銀座の交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

サライに登場する人

サライの銀座特集が発売になった。駅改札脇でオレンジのシャツを着た販売スタッフが通行する男性に声をかける。

サライ.jpg

さすがにサライは誌面に登場する人物が、他のタウン誌とは違う。まず、現れるのが和光の会長。様々な老舗、名店が紹介される中、ナイルレストランが「持ち帰りたい老舗『味土産』」のページで紹介されている。ナイルさんの顔写真入りのお持ち帰りレトルトカレーだ。一見すると違和感がぷんぷんなのだが、ナイルレストランは昭和24年創業。そろそろ老舗の仲間入りのようだ。
posted by ece at 11:36| Comment(2) | TrackBack(1) | 銀座の人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

空也にいっぱいの人

並木通りに最中の名店がある。「空也」は予約が基本の人気店。夕方には閉店してしまうし、人がいっぱいというときは、なかなかない。だが、偶然、朝10時に前を通れば、歩道にまでいっぱいの人だかりだ。この混雑は一瞬のことだ。

monaka.jpg

買い物の主を待つ黒塗りの車と、空を見て帰りを待つ運転手さんの姿に、銀座の貫禄を感じる。
posted by ece at 02:47| Comment(5) | TrackBack(2) | 銀座の店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

並木通りディスプレイ050616

定期的に並木通りのディスプレイをレポートしていきます。

coach050616.jpg COACH

bally050618.jpg Bally

celine050616.jpg CELINE

cartiero5oo618.jpg Cartier

gucci05616.jpg GUCCI

loewe050616.jpg LOEWE

lv050616.jpg LOUIS VUITTON

GO!GO!NISSANN

ゴーン以来、すっかり洗練されて、待ち合わせの人がごった返すことはなくなった日産ギャラリー。そのぶん、外から中がよく見えてディスプレーは逆に印象に残る。こりゃぁ、たくさん積めそうだね。壁面を目一杯使ったアイデア。

日産.jpg
posted by ece at 02:51| Comment(2) | TrackBack(2) | 銀座のディスプレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

夏の音色

風鈴や.jpg

平日も休日も、銀座には涼しげな音がささやく。梅雨が近づく頃から、街には江戸伝統の風鈴屋が現れるのだ。何種類もの風鈴をつり下げて、何種類ものアンサンブルで揺れる。価格は1000円程度から。ほぼ毎日、売っているのだそうだ。
posted by ece at 01:08| Comment(6) | TrackBack(1) | 銀座の人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

閉店15分前の勝負

銀座生活にデパ地下は欠かせない。私は地下鉄に乗って20分ほどで帰宅することができる。運良く仕事が早く終われば、作るよりも外食するよりも、デパ地下で買って帰ることが手軽で外さない最良の選択。

閉店時間が迫ってくれば値引きになる。だが、最後の最後は難しい選択に迫られる。これを買うべきか、それとも、もっと良いものを探すべきか。だが、迷っている間に欲しいものを全てかっさらわれる場合もある。デパ地下閉店15分前。そこには財布を握った勝負師がたくさんいる。

売り切れ.jpg
posted by ece at 23:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 銀座の百貨店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビルとビルの間に

銀座の道は垂直に交わっている。海と平行の道は「昭和通り」[西五番街」「中央通り」「並木通り」「電通通り」「コリドー街」など。海と垂直の道は「晴海通り」「みゆき通り」「交詢社通り」など。さて、垂直な道の間隔は離れている。だから、ぐるっと大回りしないと、ひとつ向こうの道に出られなかったりする、と多くの人は思っているが、実は違う。

銀座横町.jpg

ビルとビルの間に、このような小さな抜け道が沢山ある。人がすれ違うことギリギリくらいの細い通路だ。京都祇園にも、このような抜け道が沢山あるという。きっと、大きなビルが建ち並ぶ前から、街づくりのルールだったのだろう。
posted by ece at 23:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 銀座の交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロフィール

石井和裕

プロフィール.jpg

2005年4月1日より
銀座、並木通りに立ち上がった企業に勤務。
新しいマーケティング・プロモーション構築を模索中。
好きな街は、神楽坂、門前仲町、そして銀座。
でも、横浜も好き。

自らが運営するサイト
malicia web
http://www.malicia.org/
posted by ece at 22:50| Comment(4) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀座に通う52週始まる

2005年4月1日から銀座に通っている。場所は並木通り。
そろそろ、銀座の毎日に慣れてきた。そりゃそうだ。
子供の頃の思い出は、人がいっぱいの歩行者天国と三越1Fのマクドナルド。
銀座は以前から好きな街。そして、休日にも、この街に来ることが多いのだから。
そこで、銀座について一年間で52週間にわたって書いていくことにした。
毎日、目に入った小さな出来事、それをちょっと摘んでお届けしたい。

イントロ.jpg
posted by ece at 19:28| Comment(4) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。