2005年06月18日

サライに登場する人

サライの銀座特集が発売になった。駅改札脇でオレンジのシャツを着た販売スタッフが通行する男性に声をかける。

サライ.jpg

さすがにサライは誌面に登場する人物が、他のタウン誌とは違う。まず、現れるのが和光の会長。様々な老舗、名店が紹介される中、ナイルレストランが「持ち帰りたい老舗『味土産』」のページで紹介されている。ナイルさんの顔写真入りのお持ち帰りレトルトカレーだ。一見すると違和感がぷんぷんなのだが、ナイルレストランは昭和24年創業。そろそろ老舗の仲間入りのようだ。
posted by ece at 11:36| Comment(2) | TrackBack(1) | 銀座の人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックさんきゅーです。
遊びに来ました。
私の行ったシネスイッチ銀座は、和光の裏通りにありました。
銀座といったら、和光なんですね。
勉強になりました。
いかせん、銀座には詳しくないもので・・・。
Posted by まりえ at 2005年06月18日 21:09
私の貧相なブログにトラックバックしてくださってありがとうございます。
…恐縮です。
会社が八重洲なので、銀座には、たまーに夜ご飯を食べに行きます。銀座は不思議な街ですよね。いつも、その魔力に膝カックンです。
また、楽しみに拝見させていただきます。
Posted by guciyan at 2005年06月19日 14:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

サライ
Excerpt: サライサライ* サラー(イ) sal?(i) - ペルシャ語で館、宮殿、オアシス、故郷などの意味。* アブラハムの妻サラの別名。* レオナルド・ダ・ヴィンチの弟子の..
Weblog: ゆうみの記録
Tracked: 2007-08-21 09:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。