2005年12月14日

銀座の路上駐車

銀座の夜に路上で停まっているクルマ。
とんでもないクルマが混じっていることがある。
一つは運転手付きのリムジン。
だが、もう一方は、たいていは東京のナンバーじゃないんだよね。

ginzacar.jpg
posted by ece at 00:04| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 銀座の交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

銀座の渋滞

銀座で最も道が混む時間は、朝でも夕方でもなく、25時から26時。そこには、タクシー、タクシー、何処までも続くタクシーの列なのです。

VFSH0004.jpg taxi5.jpg taxi6.jpg
posted by ece at 23:49| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 銀座の交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

ユニクロ前は銀座でもユニクロ前

フラッグシップとして、日本全国、いや全世界のユニクロのイメージをリードする銀座のユニクロ。だが、店の前は、やっぱり庶民の店らしく、気軽な交通手段でいっぱいだ。といっても、銀座近くに住んでいる人たちのモノなんだけどね。

yunick.jpg
posted by ece at 00:22| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 銀座の交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

銀座の自転車

銀座、日本橋エリアの百貨店は、調査によると「30分以内」「徒歩・自転車による来店」が大幅に増えているらしい。そのため、従来は住宅地エリアのスーパーが展開するような日替わりセールなど販売施策が、都心店でも実施され始めている。銀座にも自転車が多い。混んでいる街並を突撃されるとちょっと怖い。まだ豊洲や勝ちどきには大型マンションが目白押し。これから、もっと自転車が増えるのだろう。銀座の街はまた変わる。

chari.jpg

といいながら、私も銀座には自転車で行くのだけれど。
posted by ece at 11:41| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 銀座の交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

銀座の歩行者天国

私の銀座のかすかな記憶、人いっぱいの歩行者天国は、ちょうど始まったばかりの頃の風景だったのかもしれない。1970年に歩行者天国が始まる。私の記憶は車道いっぱいに人がいっぱいの三越の前の風景だ。

日曜日の家族連れのための歩行者天国は、いくぶん形を変えながらも、今も続いている。だが、土日に関わらず、一部の道を除けば、銀座はいつでも歩行者天国だ。

hokoten.jpg
posted by ece at 10:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀座の交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

銀座の車は黒と青

夜の銀座は一方通行の両端に黒いハイヤーがビッシリ止まる。

morning.jpg

数時間後、逆光の中で、青い車が沢山走る。ゴミ回収車。
普通の人が起きる時間に、銀座の道はキレイになる。
posted by ece at 00:32| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 銀座の交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

人通りの少ない地下道

銀座駅から晴海通りの下を勝ちどき側に進む地下道。そこは、古い町並みのテイストでデコレーションされている。どこは行くわけでもない。その先の地下には地下の映画館とサウナ。更に先には、昭和通りの下の浅草線と東銀座の駅。

帝都物語は、これまで読んだ長編小説の中で、もっともエキサイティングな物語だ。そこには帝都の地下都市計画が出てくる。だが、それは、いつのまにか地下鉄銀座線建設で尻つぼみの終わっている。だが最後の最後に、謎の地下道を通って皇居にあるものが運び込まれる話が出てくる。

読んだ当時は何も感じなかったが、最近になって、ちょっと気になった。もしかして、作者の荒俣宏は、戦前の帝都の地下建設に関する物語の一端を小説に書きたかったのではないのか。だが、何かの理由で、それを断念したのではないのか。
東京の地下には不思議な通路や建築物が沢山ある。

最近、ある本を読み返した。[サッカーの物語」という本だ。そこには、北区にある国立西が丘サッカー場が、過去に試合中に陥没した事件が書かれている。しかも、陥没したグランドの下からは、旧日本軍の武器が発見されたのだという。

銀座の地下には今も、人知れず眠っている地下道があるという。

VFSH0186.jpg
posted by ece at 23:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 銀座の交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

エルメスの出口

地下鉄の駅から地上へ出るルートは沢山ある。銀座駅ならば、どの路線を利用するかで、地上へのルートは変わる。私は日比谷線を降りたとき、お気に入りのルートがある。地上までエスカレータで昇れる。しかも、人が少ない。このエスカレータは、じつに静かに存在してる。

エルメスチカ.jpg

エルメスエスカ.jpg

エルメスで愚痴.jpg

地上の出口はエルメスのビルの中。
posted by ece at 09:32| Comment(1) | TrackBack(2) | 銀座の交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

ビルとビルの間に

銀座の道は垂直に交わっている。海と平行の道は「昭和通り」[西五番街」「中央通り」「並木通り」「電通通り」「コリドー街」など。海と垂直の道は「晴海通り」「みゆき通り」「交詢社通り」など。さて、垂直な道の間隔は離れている。だから、ぐるっと大回りしないと、ひとつ向こうの道に出られなかったりする、と多くの人は思っているが、実は違う。

銀座横町.jpg

ビルとビルの間に、このような小さな抜け道が沢山ある。人がすれ違うことギリギリくらいの細い通路だ。京都祇園にも、このような抜け道が沢山あるという。きっと、大きなビルが建ち並ぶ前から、街づくりのルールだったのだろう。
posted by ece at 23:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 銀座の交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。